読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住民紹介2

住民紹介第二弾です。

キイロスズメダイ、まさかの海水魚
f:id:pochi52:20140525101740j:plain

我が家唯一の海水魚です。カクレクマノミが亡くなってしまったので水槽サイズダウンしてこんな感じ。
f:id:pochi52:20140525102408j:plain

写真では伝わらないですが、LEDで水面の揺らぎが多孔石と底砂に投影されて綺麗です。

ちなみにLEDは市販の家庭用のもの。サンゴ等は入れる予定ないので水温対策も含めてこれで維持しています。

個人的には淡水に慣れているほどマリンアクアリウムは勝手が違うことが多く、難しく感じました(°_°)まずレイアウト素材と生体が高い(°_°)

他にも水質や塩分濃度など、換水で気を使うことが多くあります。マリンアクアリウムを置くと海水が蒸発することで部屋の空気がベタベタすると聞いたことがありますがそれは感じたことはないです。

さて、キイロスズメダイ。一般的にスズメダイの仲間は比較的安価でコンスタントに入荷しています。ミスジリュウキュウススメダイやルリスズメダイなど種類もいます。

このスズメダイに共通していえることが、テリトリー意識が強いこと。水槽内では底砂を掘り返してテリトリーを張ります。大きくなるほど気性は若干荒くなるそう。

キイロスズメダイは小さいころは名前の通りとても綺麗な黄色をしており、水槽内でのアクセントにもなります。

が!この黄色、成長するに従い薄まっていきます。我が家のスズメダイは迎えた時に比べたらすでにだいぶ白いですT^T


飼い込むと色が揚がってくる熱帯魚が多い中こんな魚もいるんですね(°_°)

海水の魚は泳ぎ方も熱帯魚と違い、熱帯魚の中ではブラックモーリーに近いかもしれません。

戸惑うことも多いですが、海水も楽しいです^ ^